安全な留学先を選択しよう

子どもを危険に巻き込まない

日本でも英語の学習はできます。
しかしそれだけでは、能力を伸ばすのは難しいかもしれません。
もっと英語を理解するためには、本場に行って学習することが大事です。
子どもにもっと英語を学ばせたいなら、留学させましょう。
留学先を決める時は、治安をよく確認してください。
子どもが事件に巻き込まれたら大変なので、治安の良い国に留学させましょう。
数年前は治安が良かったけれど、今は悪くなっている国もあります。
必ず今の治安を確認してください。

交通の便などの考えてください。
学校に通うなら、バスや電車が通っていないと不便です。
都会は交通の便が発達しているので、学校から宿泊先まで移動しやすいと言われます。
留学先で、公共の交通機関に乗ることも英語の勉強になります。
積極的に利用できるよう、交通の便が良いところを留学先にしてください。
宿泊先を決める時も、どこの駅やバス停を利用すれば良いのか考えてから選択しましょう。
近く駅がないところは移動が不便なので避けてください。

人が多い場所を選択してください。
たくさんの人とコミュニケーションを取ることで、本場の英会話を取得できます。
せっかく留学したのに、そこが人の少ない土地だったらコミュニケーションが取れないので意味がありません。
なるべく人の多いところに行って、勉強させてください。
これから英語は、仕事で頻繁に使うようになります。
その時に困らないよう、子どものうちに学習させましょう。

英語をさらに学ぶために

治安の悪い国は、事件に巻き込まれる危険性があります。 日本は安全な国だと言われますが、海外はそれほど安全ではありません。 気をつけないと、すぐ事件に巻き込まれることを子どもに教えてください。 なるべく治安の良い国に行かせましょう。 その国の情勢を確認してください。

移動しやすい場所を選択しよう

交通の便が悪いと学校に行きにくいので不便です。 交通の便が、発達している場所を選択してください。 同じ国でも、田舎と都会で交通の便がまったく異なります。 一般的に交通の便が良いと言われるのは都会です。 子どもを留学させるなら、都会を選択した方が良いかもしれません。

コミュニケーションを取ろう

たくさんの人と関わることで、子どもの英語の能力を伸ばすことができます。 人が多い地域を、留学先にしてください。 学校に通わせるなら、どのくらいの規模なのか調べても良いですね。 しかし人数が少ない学校は、クラスメイトと仲良くなりやすいなどのメリットがあるので、特徴を比較しましょう。

トップへもどる